活動報告

ラグビー部と剣道部の其々に激励金を贈呈❢❢


 第42回福島県高等学校選抜剣道優勝大会において第3位の成績を収めた剣道部と、令和4年度福島県高等学校新人体育大会ラグビーフットボール競技に於いて準優勝の成績を収めたラグビー部の其々に本会より激励金が手渡されました。両部は東北大会へと駒を進め、益々の活躍が期待されます。


サッカー部に激励金贈呈!

 

 第22回東北高等学校新人サッカー選手権大会が1月28日、Jヴィレッジにて開幕しました。当初は天然芝4つのグラウンドで11時00分、13時30分キックオフで8試合を行う予定でしたが、前日夜の降雪の影響で天然芝グラウンドを使うことができず、人工芝3つのグラウンドで11時00分、13時00分、15時00分キックオフで8試合が行われました。福島県1位の本校と宮城県3位東北学院の一戦は13時00分ピッチ9にて行われ、2対1と勝利を収め2回戦へと駒を進めることが出来ました。

国体出場の野球部に激励金贈呈❕


全国の強豪8校がトーナメントで優勝を争う栃木国体の高校野球硬式の部(10月2~5日・宇都宮清原球場)に出場する野球部に本会より激励金が手渡されました。

 

 

夏の甲子園でチーム初の4強に進出した野球部は大会1日目の1回戦、夏の準々決勝で戦い勝利した九州学院(熊本)と再び対戦します。

U18日本代表に選出された赤堀安田量選手に激励金贈呈❕


 夏の甲子園でチームを初のベスト4に導いた赤堀颯選手と安田淳平選手は、「U18ベースボールワールドカップ」に出場する精鋭20人に選出され、24日激励金の贈呈か行われました。


 赤堀選手は、甲子園で見せた鉄壁の守備に加え、積極的なバッティングと高いキャプテンシーが魅力です。
一方の安田選手は、甲子園でホームランも放ったパンチ力のある打撃と、外野手として広い守備範囲でチームを救いました。

 


安田淳平選手:「野球の技量とか、そういうのではなくて、自分の気持ちの熱さであったりとか本気でやってる姿とか、そういう、はつらつとした姿っていうのをアメリカでも出来ればいいなって思います」

赤堀颯主将:「(聖光で)精神力大切さっていうのは、すごく教わりましたし、それをしっかりと(日本代表の)チームにも浸透させて、また、熱い野球がチームとして出来ればいいかなって思うので、そこの中心になれればと思っています」

 2人は、8月28日から代表合宿に参加し、壮行試合などを経て、9月9日からアメリカ・フロリダで行われるワールドカップに出場します。


野球部帰校式に参加してきました😊

 22日、野球部が甲子園での戦いを終え、本日夜半無事に帰校することができました。

 帰校式の後、国体に選出された赤堀選手と安田選手の両名と、齋藤監督の囲み取材が行われました。生音源をVTRにてご紹介いたします。

 

» 続きを読む